MENU

子供の顔にイボが出来てしまった時はどうすればいいのか?

皆さんは自分の子供のお顔を日頃からよくよく見ていますか?
子供って目に入れても痛くないというほど、かわいいものです。

 

さて、そんな子供の顔に万が一イボが出来ていたら?
これは親としてはかなりテンパります。当然です。
子供の顔にイボを見つけた方は、まずは病院に連れて行ってあげましょう。

 

今のお医者さんはそのイボが軽度なものであれば、子供のことを思ってか、薬の処方などをせず「はと麦茶を飲ませてあげてください」と言う方もいらっしゃるそうです。
しかし、子供というのは不思議なもので「病院」という響きだけで嫌がる子供も多々います。
それがお母さんにとっては一番の悩みなのではないでしょうか?

 

子供の顔にイボが出来ているのに、本人が行きたがらない・・・
重度の病気であっては困るため、まずは無理やりでも病院に連れて行ってあげてください(笑)

 

病院で診察を受けたうえで、軽度のものであれば通う必要はなく、冒頭でもお伝えしたように、はと麦茶を飲ませてあげるか、ヨクイニンを塗ってあげるのが望ましいです。

 

では、なぜはと麦茶が良いのか?
これにはわけがあります。
はと麦茶自体にヨクイニンが含まれているんです。
なので、無理にヨクイニンを塗るという必要も実はあったりなかったり(笑)

 

はと麦茶から抽出されたお薬とはいえ、お薬はお薬。
何かしらの副作用が出ては参ってしまいますよね。

 

ここでお勧めなのが「艶つや習慣」です!
艶つや習慣といえば、スキンケア商品の一つで、お薬ではありませんし、お母さんも一緒に使えてしまうという一石二鳥のアイテム。

 

これなら病院が苦手な子供でも安心して使用することができますよね^^
ただし、艶つや習慣の効果が期待できるのは、あくまで軽度の場合です。
重度の場合は悪い病気の可能性も出てきますので、お医者さんの話をしっかりと聞くようにしてくださいね。

 

実際、私も小さいころから顔に一つ小さなイボがあり、それで悩まされてきました。
小さいころってそんなに気にならないんですが、思春期になってくると、どうしても気になってきてしまうので、小さな子供の場合は早めに解消しておいた方がいいかと私は個人的に思います。
顔は人に一番見られるものなので、早めの対策を練ってあげるようにしましょうね!

 

艶つや習慣のようなオールインワンジェルで、しかも子供が使用できるものなんてなかったので、とてもうらやましい商品だなぁと、安藤していました(笑)

 

気になる方は調べてみてくださいね☆

 

⇒艶つや習慣の詳細はこちら

 

【参考記事】⇒子供に出来るイボの特徴や原因とは?!