MENU

顔のイボ対策は市販薬で出来るのか?

ある日突然顔にイボを発見!
そんなことで驚いたことがある方はいらっしゃいませんか?
とりあえず、手っ取り早く治したい、そんな方は恐らく市販薬をお探しになるはずです。

 

そこで、今回は顔に出来てしまったイボを撃退してくれる市販薬についてご紹介していきたいと思います♪

 

市販薬でどの程度イボが改善されるのか?
市販薬でイボはそもそも改善されるのか?
市販薬を顔に使用していいものなのか?

 

と、顔に出来たイボに関してはかなりデリケートに考えてしまいがちです。

 

市販薬で最もメジャーなのが「イボコロリ」ですが、こちらは顔に使用していいものなのでしょうか?
正解は、できない!です。
イボコロリは顔に使用することはできない商品となっています。
しっかりと注意書きにも書いてありました。

 

では次。
スピール膏。
こちらは私は調べていて初めて知りましたが、こちらも残念ながら顔に使用することはできず、主に足などに使用できる商品となっています。
しかも、このスピール膏、1日に4回も使わなければいけないんです。
なんたる手間(笑)
こんなの顔に使えたとしても手っ取り早く治すことができないですね。

 

次にご紹介するのは、皆さんお馴染み「ウオノメコロリ」。
言わずもがな、顔には使えません(笑)
私は足に一度魚の目が出来てしまったことがあり、ウオノメコロリを使用してみましたが、皮がベロベロに剥けるため、顔なんかに使っては大参事です。

 

じゃあ、市販薬で顔のイボを打開することはできないの?
と思ってしまうのですが、どうしても治したいという方は、ヨクイニンエキスの配合されているクリームを使用するといいかと思います。
また、はと麦茶なんかもヨクイニンが含まれているため、顔のイボには効果が期待できるとか。

 

しかし、こういった治し方の決定的なデメリットは時間です。
ご紹介してきた市販薬は顔に使用することが出来ないものばかりでしたが、ヨクイニンを使用していてもやはりかなり時間がかかってしまいます。
そのため、手っ取り早く治したい!という方には向いていないかもしれません。

 

顔になぜイボが出来てしまったのか?という部分がまずは問題となりますので、とりあえず皮膚科を受診してみましょう。
皮膚科に行って、まさかの大きな病気だった!なんてことがあるかもしれませんので、行くにこしたことはありません。

 

市販薬で済むならOKですが、大きな病気であった場合は手遅れになってしまうかもしれませんので、顔にイボを発見したときはまずは病院に行きましょう。

関連ページ

顔のイボを切除したいけど費用はいかほどなのか・・・
顔のイボ、切除したいけど費用はいかほど?そんな疑問を持っている方も多いかと思います。今回は顔のイボ切除にかかる費用について、また種類についてもご紹介していきます。
知っておきたい顔のイボ対策
顔のイボ対策はどうしたらできるのか?顔にイボが出来る前に何とか防ぎたい!という方は事前の対策方法を知りたいですよね。事前に顔イボの対策を取るにはどうしたらいいのか?
顔に出来てしまったイボに治し方はあるのか?
イボが顔に!どうしたら治る?!治し方を知りたい。。顔にイボが出来るだけでパニックなのに治し方なんて・・・そんな方はコチラの記事を!
妊娠を経て顔にイボが・・・そんなことはありませんか?
妊娠中に顔にイボが出来てしまった・・・。妊娠中って顔イボを治すための内服薬はアリ?ナシ?内服薬がダメならどうしたらいいのか?調べてまとめてみました。
顔のイボにオロナインは効く?!
顔イボにオロナインは効く?!一般家庭にはほとんど置かれているオロナイン。果たして顔のイボを治すために効果を発揮してくれるアイテムなのでしょうか?
ストレスが原因で顔にイボが出来ることってあるの?
顔のイボの原因はストレスも関係ある?顔にイボが出来ている方で、現在ストレスをかなり抱えている方はいませんか?そういう方は免疫力が低下している証拠かもしれません。
顔に出来るイボには種類があるんです!
顔などにできてしまうイボって種類はいくつくらいあるのか?顔イボに限らず、身体にもできるものも同じ種類なのか?今回はイボの種類についてご紹介してきます。
ある日ふと顔を見るとイボが!これはニキビ?違いは?
顔にイボ?ニキビ?違いは何?鏡で顔を覗き込むとイボなのかニキビなのかイマイチわからない物体を発見。そんな方のために今回はイボとニキビの違いをまとめてみました。